スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あけまして、おめでとうございます2009(食卓のワイン その9)
あけまして、おめでとうございます。

昨年は本当にたくさんの方々にお世話になりました。
ワインフェスにご参加いただいた方々、
私たちの出版物をご購入いただいた方々また販売いただいている方々、
ツアーにご参加いただいた方々、
そして「ワインツーリズム2008」にご参加いただいた方々、
本当にありがとうございました。

また、昨年は共にワインツーリズムに取り組む仲間との素敵な出会いがたくさんありました。

皆様、今年もワインツーリズム山梨をどうぞよろしくお願いします。
またこのサイトやブログを通して、新しい取り組みをご案内させていただきます。
これからも山梨のワインを通して、「新たな日常の形」を提案してゆきたいと思っています。

そのためには、何よりも私自身がこれからも成長し続けなければなりません。
何かにお誘いしたり、何かを提案したり、何かを発信したりする者は、
自らそれをよく考え、よく楽しみ、よく学んでいなければならないと思うのです。
今年は「表現の深さと幅を身に付けるための読書」という目標を掲げました。

さて、今年一発目の我が家の食卓のワインは、鍋と合わせました(お節ではなくすみません)。
IMG_2215_convert_20081207235401.jpg
シャトー・メルシャン 勝沼甲州 2007年 でした。
「お鍋に合う甲州種のワイン」と良く言われますが、それを実践してみました。
メルシャンさんの甲州は、フルーティーでありながら深い味わいで、
野菜主体の水炊きの鍋でしたが非常に良く合いました。
(やっぱりビールより良いですね。ビールだとお腹にたまってしまう。)
今回はステンレスタンクでつくったシャープな味わいの甲州種ワインでしたが、
樽の香りのついた甲州種ワインも試そうと思います。

代表 笹本貴之



【2009/01/06 23:24】 | 山梨の食卓 | page top↑
食卓のワイン(その8)
笹本です。
ご無沙汰しております。
「ワインツーリズム2008」から、ちょうど一ヶ月経ちました。
いかがお過ごしでしょうか。

勝沼ではすっかりブドウの葉っぱは落ちました。
どの畑もブドウの葉っぱの絨毯です。
これは甲州ブドウの葉っぱですが、紅葉するとなぜかワインレッドなのですね。
IMG_2190_convert_20081207234757.jpg

「ワインツーリズム2008」のメイン会場となった、「宮光園南畑」です。
もうすっかり日常に戻っています。
IMG_2207_convert_20081207235102.jpg
IMG_2211_convert_20081207235214.jpg

そのメイン会場で皆様をお迎えした「かつぬま朝市会」も、日常に戻っています。
毎月第一日曜日(1月を除く)の昨日も、活気ある朝市でした。
IMG_2237_convert_20081207235602.jpg

その朝市で、「ワインツーリズム2008」のメイン会場でも出店いただいていた、
天神原クリエイティブさんの「ぶどう葉パスタ」を購入して夕食に食べました。
クリームではなく豆乳と甲州種ワイン(「麻屋 甲州特別限定醸造シュールリー 2007」)でソースをつくり、ほうれん草、ベーコン、キノコを入れて食べました(当然、私ではなく妻がつくっています)。
IMG_2258_convert_20081207235833.jpg
当然、ワインも麻屋葡萄酒の雨宮一樹さんの「麻屋 甲州特別限定醸造シュールリー 2007」を合わせました。
少し酸味があって味わい深いパスタと、
農家さんの仕事を最大限引き出そうという一樹さんのワインを家族と共に楽しみました。
「ワインツーリズム2008」以前にはなかった食卓でした。

なにげない日常の中に、これまでとは「少し違った日常」に気づきながら、
イベント前に比べ、最近は比較的ゆっくり生活しています。

あなたの日常には、何か変化がありましたか?

代表 笹本貴之
【2008/12/08 00:47】 | 山梨の食卓 | page top↑
「山梨礼讃」ありがとうございました。
こんにちは。
笹本です。

9月28日(日)に山梨のワインにあう料理コンテスト「山梨礼讃」の最終審査及び表彰式が無事終了しました。
ご応募いただいた皆様をはじめ、審査員の方々、告知にご協力いただいた方々、運営及び制作スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

最終審査に残った15の入選作品どれもおいしかった!!
P9280088_convert_20081003124958.jpg
P9280093_convert_20081003125105.jpg
全部載せたいくらいですが、すみません。

私は審査員という立場でもありましたが、ダメですね。
「うまい! ワインにあう!」ぐらいしか言えませんでした。

P9280087_convert_20081003124829.jpg
P9280058_convert_20081003124646.jpg


「日常の食卓にワインを」というテーマのもと、ワインにあう日常的な料理のコンテストをしたわけです。
これは何もワインの消費量を上げる、山梨の食材の売り上げを上げる、という意味だけではありません。
それによって、私たちの日常が充実することが、本来の目的だと思います。
P9280061_convert_20081003124536.jpg
お子様連れの入選者もいらっしゃいました。
まさに「日常の台所」の模様まで見られ、真剣な中にもほのぼのとした雰囲気の審査会でした。

「山梨っていいところだなあ」とぼんやり思っていました。

P9280094_convert_20081003125359.jpg
P9280097_convert_20081003125148.jpg
「山梨礼讃賞」はこれ。
『エスカルゴ 牧丘風』です。町田さん、おめでとうございます!

牧丘のこんにゃくをエスカルゴ風にアレンジしたお料理です。
安くて、ヘルシー。私は夜食にこれと甲州種ワインをやります。

代表 笹本貴之(「山梨礼讃」実行委員長)


【2008/10/03 13:09】 | 山梨の食卓 | page top↑
食卓のワイン(その7)
こんにちは。
笹本です。

久しぶりに我が家の食卓です。この夏の食事とワインです。

IMG_1389_convert_20080826194806.jpg
暑かった一日の終わりに、冷し中華と共にルミエールさんの甲州シュールリー2006(税込1,260円)を飲みました。
これで十分なんです。

IMG_1415_convert_20080826194924.jpg

カレーにはシャトレーゼ勝沼ワイナリーさんの鳥居平 甲州シュールリー2005(税込1,800円)をあわせました。

甘くても、辛くても、すっぱくても、日本の食卓にはなんにでも合う「甲州」。
是非一度、お試しください。

食事の後はいつものように絶好調の『山梨ワイナリーマップ』の封入作業が続きました。
IMG_1195_convert_20080826184719.jpg
お供はシャトー酒折さんのデラウェア2007(税込1,470円)でした。
ちょっと甘口ですが、すっきりと美味しい。これが食後にはちょうどいい。

この夏、私は「山梨の白ワイン」と「清里フィールドバレエ」の毎日でした。
もうすぐ9月かと思うと、少し寂しいですね。

代表 笹本貴之


【2008/08/26 21:15】 | 山梨の食卓 | page top↑
「山梨礼讃」募集はじめます。
おはようございます。
代表の笹本です。

以前、このブログで新聞掲載をご案内しましたが、
山梨のワインを楽しむ山梨の料理コンテスト「山梨礼讃」の募集がはじまりました。

menu_banner01.jpg

詳細と応募申込はこちらまで。

あなたの食卓がもっと楽しくなるための試みです。
是非、ご参加ください。

代表 笹本貴之

【2008/06/18 10:00】 | 山梨の食卓 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。