スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
朝日新聞(山梨版)の記事と「甲州種ワインを愉しむ会」
笹本です。

「山梨のワインを世界にアピールしよう!」
「甲州ワインを山梨のブランドにしよう!」
最近、山梨県内でよく聞かれる言葉です。

確かにその通り。山梨県民なら誰もが期待することです。
ただ、この試みは新しいようで、実は古くからあった試みです。
行政や協会や組合などが主体となって、何年も前から地道に取り組んできています。

では、なぜずっと実現されてこなかったのか?
そのことを深く考えてみる必要があります。

そこで私たちワインツーリズム山梨は考えました。
「あなたの日常に山梨のワインを!」

そのために、まずは自らの食卓から変えてゆこう。
すぐそこにワイナリーがあって、つくり手がいるんだから、一度行って話しを聞いてみよう。
つくり手から直接説明を受けて買ってきたワインはうまい!
食卓にそのワインが上れば話題が出来て、夕食が楽しくなる!
こんな風に日常を豊かにしてくれる山梨のワインは、山梨の誇りです!

全国へ、世界へアピールすることは大切ですが、
それと同時に地元でもしっかりとワイン産業を「育て」、
地元にも地元の誇りとしてしっかりと「定着」することが、
最も大切なことだと思うのです。

そんな試みの一つが、今朝の朝日新聞(山梨版)に掲載されました。
担当はフォーハーツカフェのオーナで、ワインツーリズム山梨のプロデューサー大木です。
朝日新聞のサイトの中の「家で飲むワインに合う「おかず」レシピ」でもご覧になれます。
以下をどうぞ。
「3350人の参加者提案から10品選ぶ」
「コラム(1)手間ひまかけたら楽しめない!」
「(1)『鶏のレモン焼き』 浜崎恵さん提案」

※これからもこのシリーズは原則、毎週月曜日に掲載されます。

また、1月24日には甲州市でも「日常のワイン」をテーマにしたセミナーが催されました
「甲州種ワインを愉しむ ver.1」(主催:勝沼ワイン協会、塩山ワインクラブ)と題し、
講師に工藤結花さん(銀座 小十/ソムリエール)、
土屋由香里さん(機山洋酒工業/醸造家)、
鷹野ひろ子さん(勝沼醸造/醸造家)を招き、
女性の立場からレストラン、醸造場、家庭のお話しが聞けました。
地に足のついた話には、説得力がありました。
(※尚、詳細説明は私と一緒に参加しましたヤオロクさんのブログに譲ります。)

因みに、甲州市では2月28日に「甲州種ワインを愉しむ ver.2」を開催します。
(事務局の石原さん、お疲れ様です!)
私もパネラーとして少しだけ出ます。ご興味のある方は、ご参加ください。

代表 笹本貴之
スポンサーサイト
【2009/01/26 15:14】 | お知らせ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。