スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
年末の記事
「ワインツーリズム2008」の開催の後、
たくさんのメディアに私たちの活動のことを取り上げていただきました。
地元紙のみならず、ほぼ全ての新聞社で。
地元ラジオ3局のみならず、FM世田谷でも。
地元テレビ2局のニュースのほか、NHKでは年末の重要な出来事を振り返る番組で。
CATVでは山梨県と勝沼による特集が組まれました。
本当にありがたい限りです。

年末には山梨県の県政だより「ふれあい」特集号 vol.19でも取り上げていただきました。
0812fureai_convert_20090106232730.jpg
この「ふれあい」は山梨県内では全戸配布されていますので、是非手にとってお読みください。
田中泯さんが表紙です。

また、朝日新聞(山梨版)では、10月末から「12粒のブドウ」という特集を連載しています。
これは記者の岩崎さんによるものですが、実はワインツーリズム山梨として私と大木も関わっています。
以下のような内容の企画です。

「あなたの願い」全国から募集します

 山梨と同じ、ブドウとワインの産地スペインでは、毎年大みそかの夜、午後12時の鐘の音と一緒に、12粒のブドウを食べます。広場で、家庭で、幸せを願って……。朝日新聞甲府総局はインターネットによるアスパラアンケートを通じて、『12粒のブドウ』と題し、全国の方から「願い」を募集します。あなただったら、どのような願いを込めますか――。


私は参考として私の「願い」を書きました。
また、最終的に入選した12の「願い」には、一つ一つに合う山梨のワインを選び、
それぞれのメッセージを付け加えさせていただきました。
(12月26日と27日にまずは6つの「願い」が発表され、残り6つの「願い」は今月中に発表の予定です。)

是非、朝日新聞のサイトの中の「12粒のブドウ」をご覧下さい。
この「願い」に関する記事以外にも、
ワインツーリズム山梨のこと、
各ワイナリーでの取り組みのこと、
ブドウとワインに関するアンケートの集計結果のことなど、非常に力の込められた幅広い記事が満載です。

一つだけ、非常に興味深かったことを書きます。
アンケート結果では「40代を境に若い世代ほど県産ワインと疎遠であることがわかった。」と結論付けているのに対し、「ワインツーリズム2008」の参加者の「平均年齢は36歳」だった。
何かものすごくダイナミックな感じがして、嬉しかったです。

代表 笹本貴之
スポンサーサイト
【2009/01/07 10:00】 | お知らせ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。