スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メイン会場(宮光園南畑)の出店と縁側カフェのリストアップ
つぎつぎと行きます。
笹本です。

「ワインツーリズム2008」の楽しみは、ワイナリー巡りだけではありません。
メイン会場(宮光園南畑)での飲食と物販、そして各所での縁側カフェもがんばっています。
※オープン時間は10:00~16:00です。

リストをアップしました。出店リストをご覧下さい。
出店が35店、縁側カフェが5軒です。「山梨ならでは」で皆様をお迎えします。

このプロジェクトは、「かつぬま朝市会」(会長 高安一)が中心となって、準備を進めています。
かつぬま朝市 ロゴ
今回の「ワインツーリズム2008」の受付会場でもあるシャトレーゼ勝沼ワイナリーを会場に、
5年半まえに住民が勝手に始めて以来、毎月第一日曜日に開催し続けてきた「かつぬま朝市」です。

このように「ワインツーリズム2008」は、確かに今回が第一回目であることに違いはありませんが、
世間によくある思いつきのイベントでも、ブームを誘発するようなイベントでもありません。

このブドウとワインの産地で脈々と日常的に継続しているものの魅力を、より広く、より効果的に広めるために、「ワインツーリズム」という切り口を与えてイベント化したに過ぎないのです。
つまり、ブドウ農家の営み、ワイナリーの営み、地元飲食業や酒屋の営み、かつぬまフットパスの会の活動(オプションツアー:ワイン産地の史跡を巡るガイドツアーはここのプロジェクトです。)、かつぬま朝市会の活動、地元行政の業務など、ブドウとワインの産地を守り発展させようとする人々の「日常」を切り取ったに過ぎないのです。

そしてこのイベントを境に、ご参加いただいた方々は勿論、少しでも係わりをもった一人一人の「日常」に何らかの影響を与えることができたら、嬉しいと思います。

代表 笹本貴之


スポンサーサイト
【2008/10/26 21:50】 | ワインツーリズム2008 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。