スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ワインツーリズム2008」のオプションツアー その2
どんどん行きます。
笹本です。

続きまして、C) 上村英司コース(行き先:山梨ワイン)です。
唯一の有料ツアーです。「有料」がかえって惹かれると評判です。
上村英司 写真
■ガイド: 上村英司(かみむら えいじ)
 株式会社 上村商店 代表取締役 ワインアドバイザー
 北杜市生まれ。北杜市で酒販店を経営しながら、山梨県産ワインの普及活動に力を入れています。
■訪れるワイナリー: (株)山梨ワイン
■定員: 15名
■ワイナリーからの説明者: 専務取締役 野沢たかひこ氏
■ツアーポイント:
 若手醸造家のワイン造りにかける情熱や苦労話などが聞ける内容。
 また日本では珍しいビオデナミへの取り組みも紹介していただく。
 後半は軽食を食べながら簡単なワインセミナーも。
■一言: ワイン(山梨のワインに限らず)をこれから知ってゆきたいという方にお勧めです。
■費用: 軽食代としてお1人様600円頂きます。


それから、D) 古畑昌利コース(行き先:丸藤葡萄酒工業)です。ワイン初級者の方にお勧めです。
古畑氏と私とは中学校のときの同級生です。
古畑convert_20081026012248
■ガイド: 古畑昌利(こばた まさとし)
 山梨日日新聞記者  ワインエキスパート
 甲府市生まれ。地元の山梨日日新聞で『新世紀「ワイン王国」』を執筆してきました。
 国産ワインコンクールの金賞受賞ワイナリーを訪れ、山梨特産の甲州種ワイン(白)の魅力に迫ります。
■訪れるワイナリー: 丸藤葡萄酒工業株式会社
■定員: 10人
■ワイナリーからの説明者:工場長 狩野氏
■ツアーポイント:
 丸藤さんは勝沼を訪れたら一度は足を運びたいワイナリー。
 山梨のワインが生まれる風土や造り手に触れ、魅力を感じとっていただきたいと思います。
■一言:
 国産に限らずワイン全般に興味を持ち始めた人にも分かりやすい解説を目指し、
 ブドウ畑やワイナリー見学を通してワイン造りの基礎を踏まえ、展望を探りたいと思います。

そして、「ワイン産地の史跡を巡るガイドツアー」からはこれ。
勝沼フットパスの会がまちのコンシェルジュとしてご一緒に勝沼を歩きます。
ウ) 甲州街道勝沼宿コース(午前10時スタート)
エ) 甲州街道勝沼宿コース(午後1時スタート)

祝橋~勝沼氏館跡~鈴木園ワイン博物館~甲州街道勝沼宿~旧田中銀行博物館等を巡ります。

ご期待ください。

代表 笹本貴之

スポンサーサイト
【2008/10/26 10:30】 | ワインツーリズム2008 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。