スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ワインツーリズム2008」お申し込みの受付をはじめました。
いつも私共の活動にご理解をいただきまして、誠にありがとうございます。
代表の笹本です。

ワインツーリズム山梨では、雑誌『br』「山梨ワイナリーマップ」を出版したり、甲府にワインのつくり手をお呼びして「ワインフェス」を開催したり、山梨のワインにあう料理コンテスト「山梨礼讃」を共催したりと、山梨版のワインツーリズムを広めるために地道に活動して参りました。
そしてこの度、これまでずっと温めてきたイベントの受付を開始しました。

「ワインツーリズム2008」 ~ブドウとワインの産地・勝沼を巡る山梨のまつり~
winetourism_omote_convert_20080923135710.png
2008年11月8日(土)、参加費:2,000円で、山梨の甲州市勝沼町を舞台に開催します。

このイベントは、勝沼の地元の文化資源を広める「KOSHUかつぬま文化研究所」、毎月第一日曜日に朝市を開催している「かつぬま朝市会」、地元ワイナリーで組織する「勝沼ワイン協会」の皆様と共に、私たち「ワインツーリズム山梨」が企画・運営しています。
IMG_1377_convert_20080923212204.jpg

まず、お申し込みいただきましたら、産地・勝沼を楽しみ尽くすための特製「ガイドブック」(『br』special issue)と、当日の「無料バス利用券」を差し上げます。

イベント当日は、産地・勝沼を大きく4つのワイナリー集積エリアに分け、それぞれを結ぶ無料バスがまちじゅうを駆け巡ります(これまで山梨のワイナリー巡りの悩みであった「交通網」を充実します)。
「ガイドブック」には4つのエリアにあるワイナリーや史跡の情報、またそれらを歩いて巡る魅力的な「散策コース」が満載です(是非、イベント当日を有意義にするために予習してきてください)。
wt1_convert_20080923210229.jpg

また、メイン会場の「宮光園南畑」では、「地元の味」を演出する飲食ブース(有料)が多数出店します。

まだまだあります。
「散策コース」の途中には、地元民による「縁側カフェ」もチラホラと。
オプションツアーとして「ワイナリーを巡るガイドツアー」6~7コースと「ワイン産地の史跡を巡るガイドツアー」3コースも予定しています(地域をよく知るガイドによるツアーです。参加費無料。専用サイトやガイドブックでご案内し、イベント2週間ほど前から受け付けます。人数限定で先着受付)。
IMG_7947_convert_20080923211557.jpg
IMG_1369_convert_20080923211929.jpg

「ワインツーリズム2008」当日の受付は、受付会場(シャトレーゼ勝沼ワイナリー前)にて9:00から随時行っております。
できるだけお早めにJRで「勝沼ぶどう郷駅」までお越しいただき、駅前から無料バスで受付会場まで向かい、受付が済んだら、あとは「ガイドブック」片手にご自由に産地・勝沼を楽しんでいただきます。29のワイナリーを始め、まちをあげて皆様をおもてなしします。

ブドウ畑に囲まれた地域を散策し、ワイナリーを訪ねてワインを味わいながらその土地の自然・人間・文化を五感で楽しむ。まさに「ワインツーリズム」がそのままイベントになりました。
何度も山梨のワイナリーに来たことがある方でも、始めて山梨のワイナリーに来る方でも、きっと楽しんでいただけると思います。

最後に、ワイナリーに足を運んでさまざまなワインをテイスティングしたら、是非お気に入りのワインをご自宅用にご購入ください。今度はあなたの日常を、山梨のワインが楽しませてくれるでしょう。
※どちらのワイナリーでも配送サービスを行っていますので、本数が多くなったらご利用ください。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。参加お申し込みもこのサイトからできます。
(定員がございますので、お早めにお申し込みいただいて、チケットをご購入ください。)
http://yamanashiwine.com/wt2008/

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ワインツーリズム山梨
代表 笹本貴之


<本イベントの収益の一部は山梨のワイン産地の維持・発展のために活用します。>

スポンサーサイト
【2008/09/24 08:00】 | ワインツーリズム2008 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。