スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワインフェスの準備(取材1)
こんにちは。代表の笹本です。
6月14日に開催する「ワインフェス2008 積み重ねてきたもの」には、3社のワイナリーからつくり手の方々にご参加いただきます。

今回はルミエールさんに行き、ワインフェスに参加予定の醸造・栽培責任者の小山田さんに畑と工場をご案内いただきました。
lumiere01.jpg

実は私たち、ルミエールさんに始めて行きました。
行ってみてびっくり。イメージと全く違いました。

ルミエールさんと言えば、山梨では大手の老舗ワイナリー。
ところが、非常に狭い道を通った奥まったところにひっそりとあり、派手さのようなものは全くありませんでした。

その社屋のすぐ裏側に、一面に広がる自社畑があります。

ただ、何かが違う。
ブドウ畑というより、お花畑という感じ。
つまり雑草が生い茂ったブドウ畑なのです。
この畑で低農薬のブドウ栽培に取り組む小山田さんは土の状態が最も大切だと言い、話題は雑草のことばかり。
「ブドウは意外とどこでも育つんです。だからブドウだけ見ていても、土の状態は判りづらいんです。それに対して雑草は、土の状態によって生えてくる雑草も、その生え方も違うんです。より忠実に土の状態を反映するんです。ほらこの辺には大きな葉っぱの『ガサガサ』が生えている。こういうところには、水の通り道があるんですよ」。

lumiere02_20080522102341.jpg


大木と私とで、お花畑で並んでメモをとります。意外性のルミエールさん。
写真もたくさん撮って、ワインフェス参加者にお送りする「インビテーション」をつくります。

社屋に行って、今回ご用意いただくワインをテイスティングしました。
小山田さんの想いの詰まった渾身のワイン。おいしいです!
さあ、当日はどんなワインが登場するか、ご期待ください!

まだご予約を済ましてない方は、こちらでお早めに。

代表 笹本 貴之


スポンサーサイト
【2008/05/21 18:00】 | ぶどう畑 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。