スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新聞掲載のお知らせ090813
ワインツーリズム実行委員会です。

今朝の朝日新聞山梨版に、事務局長の鶴田真也のインタビューが載りました。
と言っても、「ワインツーリズム2009」の記事ではありません。

鶴田が7年前から地道に継続的に開催している「ワールドコップサッカー」の記事です。

私たちが昨年開催した「ワインツーリズム2008」は第一回目でした。
それは業界や行政が主導したものではなく、
あくまでも私たち「飲み手」が楽しいと思えることを企画・実施しました。

しかし、単なる思いつきの単発イベントではありません。
この山梨で地道に地域づくりをしてきている者が集まって、
地域の魅力をより広く世間にアピールするために、
地域の楽しみをより深く浸透させるために、
日頃のノウハウや蓄積してきた能力を結集して成しえたのが「ワインツーリズム2008」でした。

まさにワインツーリズム実行委員会の事務局長の鶴田が、その一人です。

090813asahi.jpg

---以下、朝日新聞の記事を添付します---

 ■“国代表”の気分で楽しむ

 ――15、16日に小瀬スポーツ公園補助競技場で、「ワールドコップサッカー 2009」(朝日新聞甲府総局後援)が開催されます。鶴田さんは2002年にこれを始めた仕掛け人の一人ですが、どんな大会ですか。

 「県内に在住する外国人が国ごとにチームをつくり、国を背負った代表を気取って、世界一を目指すサッカー大会。今年で6回目になる」

 ――なぜ、鶴田さんたちが始めたのですか。

 「小学生の時からサッカーをやっていたが、総合選抜第一期生で入学した県立山梨高校にサッカー部がなかった。中高一緒だった天野一太(大会実行委員長)とサッカー部をつくったが、県内ベスト16どまり。夢だったワールドカップが日本で開かれる2002年。サッカーから遠ざかっていたが、天野とともに『日本代表としてワールドカップのピッチに立ちたかったよね』という思いがこみ上げてきた」

 「そこで日本代表ユニホームのレプリカを着て、国歌を歌い、県内に在住するブラジル人と試合をしたのが始まり。手作りのピッチ看板も含め、ワールドカップをまね、優勝カップは100円ショップで買ったゴミ箱にとってをつけて金色に塗った」

 ――なぜ、そこまで情熱をささげるのですか。

 「高校卒業後、単身でブラジルに渡った。最初は『留学』という形でサンパウロ州リーグ1部のイトゥアーノのジュニアチーム。しかし、なかなか試合に出られないので、3部や4部のチームに移った。プロだけど給料は低い。スタジアムの座席の下が倉庫になっていて、その一画が寮というところもあった。4人部屋のブラジル人は1週間の中でいつ1本のペットボトルを買おうか、真剣に話していた。日本でプロとして活躍できたらと思っていたが、結果を出せず、大成はしなかった。天野は、日本代表だった名波浩選手(現在は引退)の、順天堂大サッカー部時代の後輩。サッカーをやっているものすべてが日本代表が夢であり、ワールドカップの舞台に立ちたいと思っている」

 ――今大会は5カ国6チームが参加します。

 「日本、ブラジル、韓国、中国、ペルーの『代表チーム』、そして、モロッコ、英国、日本、ペルー、ブラジルによる『ドリームチーム』が参加する」

 ――日本代表と同じように、ワールドコップサッカーの日本代表も世代交代が課題ですね。

 「若い人にもっと加わって欲しい。カズが引退し、私たちの日本代表に入って国立競技場で決勝をやりたい」

 ――各国代表の反応は。

 「暗い話題が多い時代だが、年に1回ぐらいは日本にいても楽しいことがあるんだ、と思ってもらえる場にしたい。大会期間中はピッチサイドで市民団体による外国人の生活相談ブースや各国料理ブース、婚活シートを設け、お互いを知るきっかけもつくる。サッカーを通じて『壁』をなくしていきたい」

 ※公式サイト(http://www.worldcoppu.com)(聞き手・構成 岩崎賢一)

---以上、朝日新聞山梨版から---

お時間のある方は、是非、ご参加ください。

今年の「ワインツーリズム2009」も、ご期待ください。
このイベントに関わる全ての者の想いとノウハウが詰まっています。

ワインツーリズム実行委員会
(実行委員長 笹本貴之)
スポンサーサイト
【2009/08/13 17:48】 | ワインツーリズム2009 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。