スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大月市商工会で講演会
笹本です。

大月市で郷土料理「おつけだんご」を通して地域を元気にしようとする皆様から、
講演会のご依頼を受けて大月市商工会館に行ってきました。

「ワインツーリズムを活用した地域活性化」と題した講演会では、
ワインツーリズム山梨の成り立ちや、
イベント「ワインツーリズム2008」の成果、
そして今後の展開や目標についてお話させていただきました。

「おつけだんご」ブログはこちら。

行政や業界の主導ではない、住民による主体的なまちづくり(地域活性化)が、
各地で増えていっているようです。
このような活動の共通する課題を二つ考えました。
一つは「目的と手段の区別」という課題。
もう一つは「継続」という課題です。

ワインは「目的」ではありません。また観光客が増えることだけが「目的」でもありません。
あくまでもワインや観光は「手段」であり、ワインという他にはない魅力を外に発信して、
山梨の人々が誇り高く生きてゆくことが「目的」です。
これがまちづくりであり、地域活性化の中身だと思うのです。

話としては当たり前のことですが、「分かっていること」と「やっていること」が違うことはよくあります。

そして活動が「継続」するためには、やはりビジネスとして存続することが必要だということです。

1年前に上記のような目的を持った活動を継続してゆくために、
ソフトツーリズム株式会社を設立しました。
私たちの個別・具体的な活動が、他の地域の活動にとっても普遍的な意味があれば嬉しく思います。

ソフトツーリズム株式会社
代表取締役社長 笹本貴之
(ワインツーリズム山梨 代表)
スポンサーサイト
【2009/02/24 01:56】 | お知らせ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。