スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ワインツーリズムの旅」 第一弾「共有」 こんな感じでした。
ソフトツーリズムの笹本です。
6月6日(土)に実施しました「ワインツーリズムを体感する旅」 第一弾「共有」は、
非常に充実した旅となりました。
ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

山梨のワインは、山梨にある資源の「共有」から生まれました。
それは地形であり、気候であり、土壌であり、栽培技術であり、そこから生まれたぶどうでした。
それは情報であり、人材であり、醸造技術であり、ブロックワイナリー(共同醸造場)でした。
山梨の峡東地区を中心とした地域の文化や歴史、つまり「地域の全て」の共有が山梨のワインです。

そんな山梨を舞台に、私たちは2006年から「ワインツーリズム山梨」を唱えています。
その根本は「山梨のワイナリーに行こう!」という単なる呼び掛けには留まりません。
ぶどうとワインの産地に住む人々が、地域の「共有」によって生まれたワインの意義を見つめ直し、
訪れる人々に対し「ワインの品質」と「おもてなしの品質」に誇りと責任をもってもらう。
これが私たちの意図するところです。

山梨のワインはワイナリーだけのものではありません。
地域の「共有」財産です。
「ワインツーリズム」も私たちのものでも、ワイナリーのものでもありません。
地域のものであり、日常化すべきものです。

ソフトツーリズム株式会社では、そんな地域の財産をお借りして「旅」という商品を広く提供し、
「山梨を本当の旅の“世界の先進地”にする」ことを夢見ています。

そんなことを考えながら、第一弾の旅のテーマを「共有」にしました。

まず山梨の老舗ワイナリーの代表格「中央葡萄酒」さんに行きました。
こちらも元々は地元のブロックワイナリー(共同醸造場)でした。
地元の数十、数百というぶどう農家さんが集まって自らのぶどうを持ち寄り、
自家生産ワインをつくり続けた造り続けたブロックワイナリー。
まさに「共有」財産を活用して、いまでは世界市場を目指しています。

SANY0017@_convert_20090618181419.jpgSANY0014@_convert_20090618181307.jpg
地域が生んだ「グレイスワイン」の説明を金子さんにお聞きしました。

DSC_0260_JPG@_convert_20090618180653.jpgDSC_0265_JPG@_convert_20090618180736.jpg
整然と並ぶタンクや樽を見ながらも、設備投資の工夫や地道な努力を感じました。

SANY0070@_convert_20090618181517.jpgSANY0058@_convert_20090618181447.jpg
テイスティングコナーに戻ってワインをいただきました。三澤社長にも登場していただきました。
決して上級コースでもフォーマルでもないテイスティングです。
様々な品種のワインをいただきましたが、やっぱり甲州種の落ち着きと、
日常の食生活でのイメージのしやすさが印象に残ります。

次は舞台を畑に移します。
「ぶどうばたけ」さんに行きました。ここは「菱山中央醸造」さんが併設されています。

DSC_0276_JPG@_convert_20090618180816.jpg
三森斉さんと、かおりさんです。

DSC_0277_JPG@_convert_20090618180856.jpg
援農隊(えんのうたい)(左)の皆さんも駆けつけてくれました。

SANY0091@_convert_20090618181622.jpgSANY0093@_convert_20090618181652.jpg
こちらは、ぶどうばたけの社員さん。右はお馴染み大木/フォーハーツカフェです。

まずは腹ごしらえ。13時をまわってしまいました。
IMG_2964@_convert_20090622122356.jpgIMG_2963@_convert_20090622122235.jpg
あくまでも地元農家の日常的な料理にこだわっていただきました。
地域でとれた野菜の「まぜご飯」と、地域でとれた新じゃがの「肉じゃが」です。
両方とも、今回の旅の打ち合わせで夜に伺ったときにいただいて、
「これでお願いします!!」と言って決定した料理です。

IMG_2961@_convert_20090622122056.jpgDSC_0283_JPG@_convert_20090618180937.jpg
これに菱山中央醸造の甲州辛口がよく合います。
菱山中央醸造さんは現存する数少ないブロックワイナリーです。
菱山地区の農家さん70軒がぶどうを持ち寄り、基本的には自らの晩酌のためにワインを仕込みます。
あまった分が菱山中央醸造さんだけで直販されています。だからわざわざラベルも貼りません。
地元衆風に湯呑でいただきます。地元の食材に地元でとれたワイン。
マリアージュ? 無条件で合います。
スクールでは教えてくれない、地元食文化の「共有」です。

DSC_0288_JPG@_convert_20090618181017.jpgSANY0105@_convert_20090618181850.jpg
いよいよぶどう栽培の体験です。
三森夫妻にぶどうの生育過程とその都度必要となる作業について説明していただきました。
今回、我々がやったのはデラウェアの「笠かけ」と「巻きひげとり」でした。
「笠かけ」の理由は、雨、日焼け、虫、そして鳥からぶどうを守ること。
「巻きひげとり」の理由は、腐りと病害を防除すること。
(巻きひげにように伸びて他のものに絡まってゆく蔓(つる)は、腐りやすく病害の原因になるようです。これをとることで農薬散布が減らせると言います。)
体験といっても「体験のための体験」、「お遊び」じゃ意味がありません。
完全に労働力として、三森夫妻に必要な作業をやらせていただきました。
大人も子供もみんな熱中して、デラウェアの一角の作業を完全に終わらせてしまいました。
ぶどう栽培を少しだけ「共有」しました。

今度はワインの醸造場で、三森袈裟治さんのお話しを聞きながらワインをいただきました。
DSC_0303_JPG@_convert_20090618181200.jpgIMG_3023@_convert_20090622123354.jpg
勝沼でも最も古いと言ってよい現役の設備です。しかし、見くびること無かれ!
一度、飲んでみてください。菱山中央醸造さんのワイン。びっくりです。
最新設備だからおいしいワインができるわけではない、ことが分かります。
芯のある、おいしいワインです。

SANY0146@_convert_20090618183045.jpgSANY0151@_convert_20090618183136.jpg
静かな語り口にも、芯の太さを感じさせる袈裟治さんでした。
「酸が特徴」の良質なぶどうで注目されつつある菱山地区を支えてきた、
ぶどうのつくり手にして絞り手。
まさに共有の場で、勝沼の葡萄酒づくりの変化と不変を「共有」させていただきました。

SANY0158@_convert_20090618183258.jpgIMG_3037@s-.jpg
最後におやつをいただいて、解散となりました。
ぶどうばたけさんで販売している「ぶどうジャム」とヨーグルト、
それにとれたてのトウモロコシでした。

*********************

これからも、「ここ」で「私たち」にしかできない旅を演出してゆきます。
この旅への登場人物は「役者」です。そして参加者の皆さんには彼らと共演していただきます。
共に「ワインツーリズムを体感する旅」を表現しませんか?

まだまだ募集しています。
第三弾「こだわりの地」 ~鳥居平・菱山~ (出演:シャトレーゼ勝沼ワイナリー 戸澤氏)
第四弾「こだわりの地」 ~南野呂・岩手~ (出演:ルミエール 小山田氏)

参加ご希望の方は、お早めに tourism@softtourism.com までお問い合わせください。

笹本 貴之/ソフトツーリズム㈱
ワインツーリズムLLP 事務局
スポンサーサイト
【2009/06/22 22:07】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
「ワインツーリズムの旅」第二弾「きたりもん」(旭洋酒)無事終了
ソフトツーリズムの笹本です。

今回(旭洋酒ソレイユワインの理由を知る旅)も晴れました。
第一弾の前回同様、予報に反して晴れました!

IMG_3052_convert_20090612144234.jpg
旭洋酒さんの栽培をご指導しているミスター「一文字短梢(たんしょう)」、
小川孝郎さん(左)のお話しも貴重なものでした。
(小川さんや一文字短梢に関しては、こちらをご覧下さい。)

IMG_2786_convert_20090612144926.jpg
草生栽培についてもお聞きしました(今回は見られませんでしたが、麦がのびています)。

IMG_3059_convert_20090612144508.jpg
やっぱりソレイユ甲州は、日本の食卓によくあいます。
家でベーコンとホウレン草のパスタと共にいただきました。

今回も皆様のおかげで、
私たちにしか表現できない山梨のワインの魅力をお伝えできたのではないか、
と思っています。

また後日、今日の旅の写真と共に、もう少し詳しくご報告します。

笹本 貴之/ソフトツーリズム㈱

※まだまだ募集しています。
第三弾「こだわりの地」 ~鳥居平・菱山~ (シャトレーゼ勝沼ワイナリー:戸澤氏)
第四弾「こだわりの地」 ~南野呂・岩手~ (ルミエール:小山田氏)




【2009/06/14 22:39】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
新聞掲載のお知らせ090606
ソフトツーリズムの「ワインツーリズムを体感する旅」について、
日本経済新聞 首都圏経済・山梨版(09年6月6日)に掲載されました。
090606nikkei.jpg

第一弾の「共有」の旅は無事終了しました。
(いずれこのブログでご報告させていただきます。)

第二弾の旭洋酒さんとの共催の「きたりもん」の旅は、今度の日曜日です。

第三弾のシャトレーゼ戸澤さんとの共催の「こだわりの地 ~鳥居平・菱山~」の旅は、
7月25日(土)です。
(詳細パンフレットは以下から)
「ワインツーリズムを体感する旅」 第三弾 “こだわりの地” ~鳥居平・菱山~

第四弾のルミエール小山田さんとの共催の「こだわりの地 ~南野呂・岩手~」の旅は、
8月1日(土)です。
(詳細パンフレットは以下から)
「ワインツーリズムを体感する旅」 第四弾 “こだわりの地” ~南野呂・岩手(いわで)~

私たちにしかできない旅をご提供します。
どうぞご期待ください。

笹本 貴之/ソフトツーリズム株式会社
(ワインツーリズム山梨/ワインツーリズムLLP 事務局)
【2009/06/10 21:27】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
ワインツーリズムバスの試験的運行、無事終了
5月と6月のワインツーリズムバスをご利用いただいた皆様、
ボランティアスタッフとしてご協力していただいた皆様、
かつぬま朝市の皆様、
バスの運行にご尽力いただいた皆様、
飲食店、縁側カフェの皆様、
ワイナリーの皆様、
本当にありがとうございました。

おかげさまで、2回の運行を無事終了することが出来ました。
この間の成果をいずれまとめて発表してゆこうと思います。

様々な方々がブログで今回の運行について書いていただいています。
ヤオロクさんのブログ
得々ブログ


SANY0397_convert_20090610000811.jpgSANY0406_convert_20090610000546.jpg
6月はよく晴れて、かつぬま朝市への出店も70以上の過去最多でした。
やはり朝市あってのワインツーリズムです。いやあそれにしても朝市は降られない。

SANY0415_convert_20090610000912.jpgIMG_3050_convert_20090610012617.jpg
ワインツーリズムバスの受付は「勝沼ぶどう郷駅」と「かつぬま朝市会場」に設けました。
2回の運行で延べ220名の方々のご利用でした。

SANY0411_convert_20090610000659.jpg
受付のあるバス停では、勝沼に降り立った方々の一日の楽しみ方のご相談にのりました。

SANY0421_convert_20090610001022.jpg
ワイナリーでテイスティングを楽しんだらワインを買って、

SANY0425_convert_20090610001149.jpg
勝沼のまちを散策して、

SANY0429_convert_20090610001258.jpg
文字通り自宅の縁側を開放している「縁側カフェ りぼん」さんで一休み。

SANY0453_convert_20090610001716.jpg
ぶどう畑にも寄って農家さんのこだわりを聞いてみる。

SANY0431_convert_20090610001403.jpgSANY0434_convert_20090610001505.jpg
「縁側カフェ りぼん」さんでは素敵な出会いがありました。
魅力的な地域を創ることを仕事にしている男性とピアニストの女性。
彼女はこの後、縁側の隣のリビングにあるピアノでショパンを演奏してくれました。
近所の子供たちも集まって、みんなで聴きました。
彼女にとっても居合わせた私たちにとっても、忘れられない日となりました。
こんな非日常的な出来事が、次の日からの人生に何らかの影響を与えるかもしれません。

SANY0448_convert_20090610001607.jpgSANY0456_convert_20090610001820.jpg
この日、勝沼のガイドツアーの「ガイド」が一人生まれました。
神奈川県川崎市出身で、現在は北杜市高根町に住んでいる
「須藤治憲(はるのり)」です。
大先輩の三森さんの指導の下、勉強しました。
緊張しながらのガイドツアーでしたが、何とかやり遂げることができ、
気がつけば3時間以上の盛り上がりでした。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

**********************
当たり前のように毎日流れている日常の生活の中で、
「地域って何だろう」
「地場産業って何だろう」
「景観って何だろう」
「自分の住んでいる地域の魅力って何だろう」
「自分にとって地域とは、地域にとって自分とは」
「日本の楽しみ方って何だろう」
「経済発展って何だろう」
「費用対効果って何だろう」
・・・・・立ち止まってこんなことを考えるきっかけに、ワインツーリズムがなれたら。
そう願っています。

ワインツーリズム山梨 事務局
笹本 貴之
【2009/06/10 02:27】 | ワインツーリズム | page top↑
今度の日曜日は「ワインツーリズムバス」運行です!
6月7日(日)は、第一日曜日で「かつぬま朝市」の日です。
今回もまた、「ワインツーリズムバス」を試験的に運行します。
001.jpg

_MG_5646_convert_20090501145711.jpg

「かつぬま朝市」に遊びに来て、その後「ワインツーリズムバス」に乗って、
勝沼のワインツーリズムを楽しんでください。

「ワインツーリズムバス」は朝8:50から30分おきに、
JR勝沼ぶどう郷駅を起点に勝沼を循環しています。

以下の内容です。
***********************************
■日時: 2009年6月7日(日) (勝沼ぶどう郷駅 始発8:50 終着17:21)

■ルート:   「勝沼ぶどう郷駅」→「宮光園エリア(かつぬま朝市会場)」→「下岩崎エリア」
        →「藤井エリア」→「等々力エリア」→「ぶどうの丘エリア」→「勝沼ぶどう郷駅」             ※30分間隔の循環。

■利用料:  700円(一日利用パスポート) 中高生は300円、小学生以下は無料。

■販売窓口: 当日「勝沼ぶどう郷駅」と「かつぬま朝市会場」

■ガイドツアー: 「ワインツーリズム2009」の準備として10:00と14:00に実施します。
          集合場所は「かつぬま朝市会場」です。
          人数には限りがあります。当日の受付でご予約をお願いします。
***********************************

先月の運行の様子はこちらをご覧下さい。
また、参考までに前回の「マップ&時刻表」をご覧下さい。
今月のものは当日の窓口でお配りします。

勝沼にはお食事処と宿泊施設の数は少なく、
いわゆる観光地のように過剰に充実しているわけではありません。
(宿泊施設に関しては、「勝沼ぶどう郷民宿村」ホームページをどうぞ。)
コンビニもほとんどありません。
だからこそ自然な姿、日常的な生業の残された、魅力的な地域とも言えます。
「お弁当」でも用意して、歩きやすい格好でドンコウでお越しください。

過去の記事もあわせてご覧下さい。

ワインツーリズム山梨 事務局

【2009/06/05 23:57】 | ワインツーリズム | page top↑
第3弾・第4弾「ワインツーリズムを体感する旅」
ソフトツーリズムの笹本です。
おかげさまで好評を頂きました「ワインツーリズムを体感する旅」第一弾・第二弾に引き続き、
この夏も「ワインツーリズムを体感する旅」第三弾・第四弾を実施させていただきます。

今度のテーマは「土地」です。

いま注目の栽培醸造家である「シャトレーゼ勝沼ワイナリーの戸澤氏」と
ルミエールの小山田氏」に焦点を絞ります。
と言っても堅苦しいセミナーやミーハーなツアーではありません。

ワインづくりにとって極めて重要な要素である「土地」への栽培醸造家のこだわりを、
彼らのつくったワインと地元の料理と畑の景観を本人と共に楽しみながら、
「土地と人間とワイン」の関係を考えてみたいと思っています。
これまで「ワインツーリズム山梨」として雑誌やイベントとして表現してきたことを、
今度は「旅」という形式で表現してゆきたいと思っています


今回の旅の概略(予定)、そしてお申込みフォームのご案内は以下の通りです。
(詳細パンフレットは各ツアー名をクリックしてください。)
どちらの栽培醸造家もこのようにじっくり時間を共有できるのは、09年では最後になると思われます。
お早目のご予約をお勧めします。

===========================================================================
①「ワインツーリズムを体感する旅」 第三弾 “こだわりの地” ~鳥居平・菱山~

2009年7月25日(土)  10,000円

集   合: JR勝沼ぶどう郷駅   10:00
解   散: JR勝沼ぶどう郷駅 又は ぶどうの丘  16:00
       ※解散後、希望者は「ぶどうの丘」内の「天空の湯」を無料で利用可能。
対 象 者: 大人 (未成年者は参加不可)
定   員: 20人 (最少催行人数:16人)
案 内 人: シャトレーゼ 戸澤 一幸/ソフトツーリズム 笹本 貴之
条 件 等: ワイン、食事
訪 問 先: シャトレーゼ 勝沼ワイナリー、鳥居平畑、菱山畑、セパージュ(昼食)
持ち物・服装: 天気にもよりますが、暑さ対策をお忘れなく。ぶどう畑にも入ります。
         (お勧め:スニーカー、汚れてもよいもの、長ズボン、帽子、タオル、虫よけ)
そ の 他: ワインをお楽しみいただきますが、飲み放題のツアーではございません。
        現地発着のツアーです。集合場所までの交通手段と帰りの交通手段は含まれません。
        飲酒運転はおやめください。集合場所までは電車のご利用をお勧めします。
        
企画・実施: ソフトツーリズム株式会社
共同企画: 株式会社シャトレーゼ 勝沼ワイナリー 戸澤一幸
女菱帰りtozawa_convert_20090603235338.jpg
(菱山の畑での仕事を終え、里へとくだる。傾斜が急なこの畑ではトロッコを使用している。)
===========================================================================


===========================================================================
②「ワインツーリズムを体感する旅」 第四弾 “こだわりの地” ~南野呂・岩手(いわで)~

2009年8月1日(土)  10,000円~ (オプションあり)

集   合: JR勝沼ぶどう郷駅   10:00
解   散: JR勝沼ぶどう郷駅 又は ぶどうの丘  16:00
       ※解散後、希望者は「ぶどうの丘」内の「天空の湯」を無料で利用可能。
対 象 者: 大人 (未成年者は参加不可)
定   員: 20人 (最少催行人数:16人)
案 内 人: ルミエール 小山田幸紀/ソフトツーリズム 笹本 貴之
条 件 等: ワイン、食事
訪 問 先: ルミエール、南野呂の畑、ラ・カシータ(昼食)

オプション: ご希望の方は小山田と笹本と共にレストラン「エリソン」で夕食を楽しみましょう。
        夕食参加のみの場合は、参加料金に プラス8,500円
        夕食参加でご宿泊される場合は、参加料金に プラス14,000円

持ち物・服装: 天気にもよりますが、暑さ対策をお忘れなく。ぶどう畑にも入ります。
         (お勧め:スニーカー、汚れてもよいもの、長ズボン、帽子、タオル、虫よけ)
そ の 他: ワインをお楽しみいただきますが、飲み放題のツアーではございません。
        現地発着のツアーです。集合場所までの交通手段と帰りの交通手段は含まれません。
        飲酒運転はおやめください。集合場所までは電車のご利用をお勧めします。
        
企画・実施: ソフトツーリズム株式会社
共同企画: 株式会社ルミエール 小山田幸紀
IMG_2715_convert_20090603235934.jpgoyamada_convert_20090603235708.jpg
(草生栽培している南野呂の甲州の畑。草の様子で土の状態が分かると言う。)
===========================================================================

お申込みご希望の方は、
第三弾のシャトレーゼの「鳥居平・菱山」の旅か、
第四弾のルミエールの「南野呂・岩手」の旅かを選んだ上で、
以下のフォームをコピー/ペーストしてメールにて tourism@softtourism.comまでお申込みください。

---------------------------------------------------------------------------
①「ワインツーリズムを体感する旅」 第三弾 “こだわりの地” ~鳥居平・菱山~
  (シャトレーゼ勝沼ワイナリー)
②「ワインツーリズムを体感する旅」 第四弾 “こだわりの地” ~南野呂・岩手(いわで)~
  (ルミエール)

上記(   )の旅に参加を申し込みます。

お名前(お申込者) :
フリガナ        :
郵便番号       :
住所(書類送付先) :
電話番号(ご連絡先):
FAX番号       :
メールアドレス    :
申し込み人数    :
希望するオプション : 夕食参加のみ(プラス8,500円) / 夕食参加と宿泊(プラス14,000円)
(②のツアーに限ります)
参加者の氏名    :
(ご本人も含め参加者全員)
---------------------------------------------------------------------------

参加人数には限りがあります。
お早目のご予約をお勧めしております。

以上、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


笹本 貴之/ソフトツーリズム株式会社
tourism@softtourism.com

(ワインツーリズム山梨/ワインツーリズムLLP 事務局)
【2009/06/04 09:30】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。