スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
家で飲むワインに合う「おかず」レシピ第5弾・第6弾
笹本です。

朝日新聞さんの企画「12粒のブドウ【家で飲むワインに合う「おかず」レシピ】」は好評です。

第5弾は『もつのトマト煮込み』徳谷さん提案 (02/02)
大木のコラムもあります。 コラム:もつ料理の隣にお酒 (03/02)

これは美味そう! トマトソース好きの私としてはたまりません。

第6弾は 豚肉のガーリック・パン粉焼き (03/09)
今回は大木のコラムも上記に含まれているようです。

改めてこの朝日新聞さんの連載『12粒のブドウ』は凄いですよ!

こんなこと中々できないですよ。
これを山梨ローカルでやってしまう凄味があります。

大木夫妻のフォーハーツカフェのブログもどうぞ。

「ワインツーリズム山梨」事務局
ソフトツーリズム株式会社
笹本貴之
スポンサーサイト
【2009/03/10 12:30】 | ぶどう畑 | page top↑
ワインフェスの準備(取材2)
こんにちは。代表の笹本です。

6月14日(土)に開催する「ワインフェス2008 積み重ねてきたもの」ですが、
既に第二部(18:00~21:00)が完売となりました。皆様、ご予約誠にありがとうございます。
まだ第一部(14:00~17:00)には空きがございます。まだご予約がお済でない方は、お早めにどうぞ。

さて、このワインフェスには3社のワイナリーからつくり手の方々にご参加いただきますが、今回は勝沼醸造さんに行き、ご参加予定の平山さんに畑と工場をご案内いただきました。

katsujyo01_20080525230206.jpg

今回もワイナリーの裏に広がるブドウ畑がありました。
前回同様、地べたにはって写真を撮る大木でした。

katsujyo02_20080525230227.jpg

「ワイナリーとブドウ畑」。この風景はこの勝沼だけの貴重なものですね。
「この風景を守って行かなければならない」という平山さんのお言葉に、ずっしりと重い責任感を感じました。

社屋に戻ってワインをテイスティングしながら、そのつくり手と共にブドウ畑を眺める。
贅沢な時間でした。

その後、醸造担当の築城さんにもご挨拶して、ワインフェスへのご参加を頼みました。
さあ、ワインフェス当日、彼らの揃えるワインはどんなアイテムか。
お楽しみに!

代表 笹本貴之
【2008/05/25 23:22】 | ぶどう畑 | page top↑
ワインフェスの準備(取材1)
こんにちは。代表の笹本です。
6月14日に開催する「ワインフェス2008 積み重ねてきたもの」には、3社のワイナリーからつくり手の方々にご参加いただきます。

今回はルミエールさんに行き、ワインフェスに参加予定の醸造・栽培責任者の小山田さんに畑と工場をご案内いただきました。
lumiere01.jpg

実は私たち、ルミエールさんに始めて行きました。
行ってみてびっくり。イメージと全く違いました。

ルミエールさんと言えば、山梨では大手の老舗ワイナリー。
ところが、非常に狭い道を通った奥まったところにひっそりとあり、派手さのようなものは全くありませんでした。

その社屋のすぐ裏側に、一面に広がる自社畑があります。

ただ、何かが違う。
ブドウ畑というより、お花畑という感じ。
つまり雑草が生い茂ったブドウ畑なのです。
この畑で低農薬のブドウ栽培に取り組む小山田さんは土の状態が最も大切だと言い、話題は雑草のことばかり。
「ブドウは意外とどこでも育つんです。だからブドウだけ見ていても、土の状態は判りづらいんです。それに対して雑草は、土の状態によって生えてくる雑草も、その生え方も違うんです。より忠実に土の状態を反映するんです。ほらこの辺には大きな葉っぱの『ガサガサ』が生えている。こういうところには、水の通り道があるんですよ」。

lumiere02_20080522102341.jpg


大木と私とで、お花畑で並んでメモをとります。意外性のルミエールさん。
写真もたくさん撮って、ワインフェス参加者にお送りする「インビテーション」をつくります。

社屋に行って、今回ご用意いただくワインをテイスティングしました。
小山田さんの想いの詰まった渾身のワイン。おいしいです!
さあ、当日はどんなワインが登場するか、ご期待ください!

まだご予約を済ましてない方は、こちらでお早めに。

代表 笹本 貴之


【2008/05/21 18:00】 | ぶどう畑 | page top↑
雪のあとキザンさんを訪ねました
先日山梨でも雪が降りました。少し山が白いのわかりますか?
IMG_0138.jpg


キザンさんに行ってきました。雪がまだ残ってます。
IMG_0147.jpg


キザンさんでは三回も雪かきしたそうです。
IMG_0144.jpg


代表もごきげん。この後のことも知らずに…
IMG_0142.jpg


ぶどう畑もごらんのとおり。
IMG_0160.jpg


ふかふかした土の上に雪が。
IMG_0172.jpg


いまは剪定の時期。寒い中ゆかりさんがいろいろ教えてくれました。
ありがとうございました!
IMG_0165.jpg


まず、このくらいまでざっと枝を切ります。
「おや?簡単そう?」と思うのはここまで。
ここから先は、
「この枝からどのくらい芽が出るか」とか
「何房ぐらいブドウができるか」などを考えないといけません。
IMG_0163.jpg


さらにさらに
この枝が今後どのように成長していくかを瞬時に脳裏に描きながら作業が進みます。
イメージしながらですがこの作業めちゃくちゃはやい!
パッと見「オレにもできそう」って本当に思うくらい。
寿司屋のカウンターで「オレにも握れそう」と思うのとにてます(笑)。
IMG_0152.jpg


イメージできる経験と知識。
そしてもう一つ「決断力」が必要。
こんな太い枝をきることも。まさに決断!
しかも即決!「あ~もったいない」とは素人考えの私の心の声。
我々には見えない先の先が見えてるんです。
太いところは切ったあとに木工用ボンドをぬっていたわってあげます。
IMG_0153.jpg



落とした枝はどうなっちゃうの?
IMG_0154.jpg


キザンさんでは細い枝は畑に戻されて
太い枝はこうなっちゃいます。
「あったか~い」。
IMG_0146.jpg







おまけ:今日の代表


日が当たってるとはいえ寒いんです!
代表も先ほどの笑顔はどこへやら…
IMG_0149.jpg







状況はますます厳しく
ガクブル状態に!がんばれ代表!!
IMG_0150.jpg


そういう私も当然ガクブルでした(笑)
こうしてみなさんにワイナリーの今をお伝えしております!(笑)
いやぁ~心の底から薪ストーブに感謝。

(大木/FourHeartsCafe)

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

【2008/01/28 18:41】 | ぶどう畑 | page top↑
収穫のお手伝い
ワイナリーはブドウの収穫で忙しい日々。
もちろん我々もお呼びがかかれば出動です。
ある日の早朝です。金井さんの畑に出動!
IMG_8922.jpg


早起きボーイズ!お邪魔します。
さすが代表は何度か収穫を手伝っているのでかなり余裕が感じられます。
代表:「金井さんところはかなり厳しいチェックだ!みんなしっかりお願いします!」
IMG_8933.jpg


金井さんカベルネソービニオン!
IMG_8979.jpg


短い時間でしたがお手伝いしました。
一応本業がありますので…。それぞれの仕事へと帰っていきます。
IMG_8934.jpg


後日。今度は甲州の収穫です。
またまた金井さんの畑にお邪魔しましました。
(もちろん無理にじゃないですよ。ちゃんとお手伝いしてます。)
IMG_9178.jpg


金井さんはもちろん真剣。
IMG_9158.jpg


我々も真剣です。
保:「こんどは実家のブドウ畑ももっと手伝わなければ怒られるかな…」
我々もいろいろ大変なんです。
IMG_9159.jpg


甲州です。結構大きいんですよ。
IMG_9163.jpg


甘い。うまい。でも食べてばっかりじゃないですよ。
IMG_9164.jpg


と、いいながらみんなでごはんです(笑)。
もちろん差し入れ持ってきましたよ。一応、フォーハーツは飲食店ですから(笑)。
工藤さんにも差し入れいただきました。ごちそうさまでした!
IMG_9173.jpg


食べてばかりじゃありません。がんばりました。
我々の他にも何人かいらしいてました。
県外からもいらしていました。皆様おつかれさまでした。
IMG_9157.jpg





おまけ:今日の代表

IMG_8924.jpg


“マイ手袋”と“マイハサミ”
持ち歩いているのはさすがです。

(大木/FourHeartsCafe)

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

【2007/10/13 23:08】 | ぶどう畑 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。