スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ワインツーリズムを体感する旅」の専用サイトは引っ越しました。
「ワインツーリズムを体感する旅」は、ぶどうをワインの産地の魅力を知り尽くす旅行商品です。

企画実施をするソフトツーリズム株式会社の公式サイトをご覧下さい。

どうぞ今後とも宜しくお願いします。

笹本 貴之/ソフトツーリズム・ワインツーリズム山梨
スポンサーサイト
【2010/08/23 23:35】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
「ワインツーリズムを体感する旅」の公式サイトは引っ越しました!
「ワインツーリズムを体感する旅」は、ぶどうをワインの産地の魅力を知り尽くす旅行商品です。

最新の情報は、企画実施をするソフトツーリズム株式会社の公式サイトをご覧下さい。

⇒「ワインツーリズムを体感する旅」第6弾の内容は下記をご覧下さい。

⇒ それ以前の旅の内容は、コチラをご覧下さい。

⇒ 第7弾~第11弾の内容は、コチラをご覧下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

笹本貴之/ソフトツーリズム・ワインツーリズム山梨


第6弾のテーマは「産地を支える人々」です。

新田R0011681.jpg

IMG_2954_up.jpgSANY0453_convert_20090610001716.jpg

SANY0411_convert_20090610000659.jpgIMG_2637_convert_20090510233256.jpg

IMG_2312_convert_20090225003055_20090225015742.jpgSANY0456_convert_20090610001820.jpg

SANY0093@_convert_20090618181652.jpg_PCR6255.jpg

ぶどう畑があって、ワイナリーがあって、
そこで生活する人々の営みがあって、
産地ならではの喜びや課題がある。

この産地を支えているのは、ワイナリー経営者やワイン醸造家だけではありません。
ぶどう農家さんはもちろん、酒屋さん、飲食店さん、地域づくりに取り組む方々、
行政職員さん等々の日常の努力の総和が、産地の魅力となって表れます。

秋は「収穫の秋」であり、「ワインの仕込みの秋」です。
ワインのつくり手にとって一年で最も忙しい時期です。
ソフトツーリズム/ワインツーリズム山梨としては、
この時期にはつくり手に無理を言うことはしません。

そこでご登場いただくのが、勝沼の老舗酒屋三代目店主「新田正明」さんです。

新田

ワインアドバイザーでもある新田さんは、
地元ならではの臨場感ある分かりやすい説明で定評があります。
是非、「ワインはまだ初心者だけど」という方もご参加ください。
新田さんと私と共に、貸切の路線バスに揺られながら産地・勝沼を巡りましょう。
途中下車あり、飛び入り参加ありのまさにジャングルクルーズならぬ「勝沼クルーズ」です。

また、今回は特別企画があります。
甲府のフォーハーツカフェで「ワインフェス」が久々に開催されます。

0806WF07.jpg

その「ワインフェス」に、夜は合流します。まさに産地を支えてきたイベントの一つです。
過去の開催については、こちらのブログをご覧ください。

今回の旅の詳細(予定)パンフレット、そしてお申込みフォームのご案内は以下の通りです。
ぶどうとワインの産地が一年でもっとも活気づく収穫の時期です。
お早目のご予約をお勧めします。

===========================================================================
「ワインツーリズムを体感する旅」 第6弾 “産地を支える人々”
【詳細パンフレットはこちら】 

2009年10月11日(日)  13,000円(ワインフェスに不参加の場合は、8,000円)

集   合: JR勝沼ぶどう郷駅   10:00
解   散: (ワインフェスに参加の場合)甲府のフォーハーツカフェ  20:00
(ワインフェスに不参加の場合)JR勝沼ぶどう郷駅 又は ぶどうの丘  16:40

対 象 者: 大人 (未成年者は参加不可)
定   員: 24人 (最少催行人数:12人)
案 内 人: 新田正明 新田商店/ワインアドバイザー
 笹本 貴之 ソフトツーリズム株式会社/ワインツーリズム山梨
条 件 等: ワイン、食事
訪 問 先: 菱山地区の内田農場、ぶどうばたけ/菱山中央醸造、
        菱山地区の畑(例:中央葡萄酒、東夢など)、鳥居平地区の畑(例:シャトレーゼなど)、
        岩崎地区のワイナリー(例:ダイヤモンド酒造など)、
        藤井地区のワイナリー(例:フジッコワイナリー、丸藤葡萄酒工業など)、
        新田商店、フォーハーツカフェ(甲府)

持ち物・服装: 天気にもよりますが、産地の散策を楽しむ旅です。
歩きやすい服装で、暑さ対策をお忘れなく。またぶどう畑にも入ります。
         (お勧め:スニーカー、汚れてもよいもの、長ズボン、帽子、タオル)
そ の 他: ワインをお楽しみいただきますが、飲み放題のツアーではございません。
        現地発着のツアーです。集合場所までの交通手段と帰りの交通手段は含まれません。
        飲酒運転はおやめください。集合場所までは電車のご利用をお勧めします。
        
企画: 笹本貴之/ソフトツーリズム株式会社
共同企画: 新田正明/新田商店
(旅行企画・実施: 株式会社マナビノタネ 長野県知事登録旅行業 第2-506号)
===========================================================================

お申込みご希望の方は、以下のフォームをコピー/ペーストして必要事項をご記入の上、
メールにて tourism@softtourism.com までお申込みください。


---------------------------------------------------------------------------
・「ワインツーリズムを体感する旅」 第6弾 “産地を支える人々”

上記の旅に参加を申し込みます。

お名前(お申込者) :
フリガナ        :
郵便番号       :
住所(書類送付先) :
電話番号(ご連絡先):
FAX番号       :
メールアドレス    :
申し込み人数    :
参加者の氏名
(ご本人も含め参加者全員):

ワインフェスへの参加/不参加:
ご宿泊手配の希望の有無:
---------------------------------------------------------------------------

参加人数には限りがあります。
お早目のご予約をお勧めしております。

尚、過去の旅のパンフレットは以下の通りです。
ご参考まで。

第1弾 “共有”  【終了】
第3弾 “こだわりの地” 鳥居平・菱山 【終了】
第4弾 “こだわりの地” 南野呂・岩手 【終了】
第5弾 “勝沼の農村文化” 【満席】

以上、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

笹本 貴之/ソフトツーリズム株式会社
ワインツーリズムLLP
【2009/09/09 01:29】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
新聞掲載のお知らせ090814
ソフトツーリズムの笹本です。

夏休み特別企画/菱山 親子でぶどうジャム」はおかげさまで催行決定となりました。

今朝(2009年8月14日)の日本経済新聞山梨版に以下の記事が掲載されました。

090814_nikkei_y.jpg

まだ間に合います。
詳細は「やまなし観光推進機構のサイト」よりご覧下さい。
ご予約も上記で承っております。

また、「ワインツーリズムを体感する旅」 第5弾 “勝沼の農村文化”
おかげさまで催行が決定しました。
まだ残席はございます。9月の収穫の時期の農村文化を、じっくり深く味わいませんか。

笹本貴之/ソフトツーリズム㈱


【2009/08/14 17:47】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
新聞掲載のお知らせ 0907
ソフトツーリズムの笹本です。

日経MJさんの記事に引き続き、
090612_nikkeiMJ

毎日新聞さんの山梨版でも取り上げていただきました。
090724_mainichi

---以下、毎日新聞の記事を添付します---

観光ツアー:きたりもん、きたれ! 既存の資源を活用、ソフトツーリズム

 県外出身者を意味する甲州弁「きたりもん」をテーマにしたワイナリーツアーなど、ユニークな発想の観光ツアーが人気だ。企画するのは甲府市のイベント企画会社「ソフトツーリズム」。大型観光施設ではなく、ワイナリーや農園など既存の観光資源の活用を目指す新たな旅行スタイルを提供している。【中西啓介】

 6月14日に行われた山梨市小原東の「旭洋酒」のワイナリーとブドウ畑を回る日帰り旅行のタイトルは「きたりもん」。同社は農家の共同醸造所だったが、現在は県外出身の鈴木剛さん(37)と妻の順子さん(39)の2人が経営する。

 ブドウ畑や地域の風土を知ってもらいたいと考えていた順子さんがツアーのアイデアを提供し、部外者という意味の強い「きたりもん」をあえて主題に据えたのはソフトツーリズム社長の笹本貴之さん(37)だ。笹本さんは「若い二人が地元農家との関係に苦労しながら地酒文化を受け入れ、高い品質のワインを造り出す。その葛藤(かっとう)や努力が参加者に伝わればと考えた」と語る。

 ツアーには定員の24人が参加。40人もの応募があった。

 甲州市塩山千野では、08年の洞爺湖サミットでの総理夫人主催夕食会で振る舞われた白ワイン「千野甲州」に使われる甲州種のブドウが栽培されている。参加者はこの畑で、鈴木夫妻や栽培の専門家、小川孝郎さんから話を聞いた。「観察が大事。カラスノエンドウの葉が白くなれば、葉ダニが大量発生します」と小川さんが説明し、参加者は熱心に聴き入った。

 参加者のうち4人は後日、旭洋酒の畑仕事の手伝いに来るなど、パック旅行にはない交流も芽生えた。「こういうツアーが求められていたんだと感じました」と順子さんは振り返る。

   ◇  ◇

 「今あるものを使って山梨を楽しむ。アイデアを凝らしたツアーが地域活性化につながるし、本当の旅でもある。山梨を世界の『本当の旅』の先進地にしたい」と笹本さんは目を輝かせる。甲府市出身の笹本さんは、大卒後に渡米しスラム街のコミュニティー改善活動に取り組むなどし、昨年2月にソフトツーリズムを設立した。

 社名でもあるソフトツーリズムのコンセプトを考えたのは同社取締役で甲府市中心部でカフェを経営する大木貴之さん(38)だ。ハコモノ観光施設や観光地を大型バスで巡る「ハードツーリズム」に対し、地域の産業や農業をありのまま紹介し、細い路地をゆっくりと歩いてもらう。

 大木さんは「至らず、尽くさずが私たちのキーワード」と笑う。「無料試飲やガイドの説明ではなく、参加者自身がブドウ畑やワイナリーを歩いて勉強するからこそ心に残るんです」

 同社のツアーには、ワイナリーや名所旧跡の名ではなく、「鳥居平・菱山」など地域名や「農村文化」のようなテーマが冠される。9月にも「勝沼の農村文化」と題する日帰りツアーを企画しており、豪族の集落跡とされる甲州市勝沼町の深沢集落などを巡る予定だ。


---以上、毎日新聞山梨版から---

「ワインツーリズムを体感する旅」第3弾 “こだわりの地 ~鳥居平・菱山~”
も無事終了しました。後日、ご報告します。

「ソフトツーリズム」という全体像から、私たちの企画に関わる仲間、
そしてその企画の意図にまで言及していただける記事は、
本当に嬉しいです。

第5弾 “勝沼の農村文化”も好評です。
どうぞご参加ください。

笹本 貴之/ソフトツーリズム㈱

 
【2009/07/27 11:16】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
第5弾「ワインツーリズムを体感する旅」
ソフトツーリズムの笹本です。
おかげさまで好評を頂きました「ワインツーリズムを体感する旅」第1弾~第4弾に引き続き、
この秋も「ワインツーリズムを体感する旅」第5弾を実施させていただきます。

今度のテーマは「勝沼の農村文化」です。
fukasa1taisting1

ぶどう畑があって、ワイナリーがあって、そこで生活する人々の営みがあって、
産地ならではの喜びや課題がある。
これまでの旅はどちらかというと「ワイナリー」に焦点を絞ってきましたが、
今度は勝沼という「場所」に根付く文化や歴史そのものを、
長年醸造に携わる平山繁之氏と共に体験します。
miyakoen
hirayama2

これまで「ワインツーリズム山梨」として出版物イベントとして表現してきたことを、
今度は「旅」という形式で表現してゆきたいと思っています。
hirayama1

今回の旅の詳細(予定)パンフレット、そしてお申込みフォームのご案内は以下の通りです。
(詳細パンフレットは各ツアー名をクリックしてください。)
ぶどうとワインの産地が一年でもっとも活気づく収穫の時期です。
お早目のご予約をお勧めします。

===========================================================================
①「ワインツーリズムを体感する旅」 第5弾 “勝沼の農村文化”

2009年9月13日(日)  13,000円

集   合: JR勝沼ぶどう郷駅   10:05
解   散: JR勝沼ぶどう郷駅 又は ぶどうの丘  16:30以降
       ※解散後、希望者は「ぶどうの丘」内の「天空の湯」を無料で利用可能。
対 象 者: 大人 (未成年者は参加不可)
定   員: 12人 (最少催行人数:6人)
案 内 人: 醸造家 平山 繁之 / ソフトツーリズム 笹本 貴之
条 件 等: ワイン、食事
訪 問 先: 大日影トンネル、深沢集落、勝沼の史跡(例:資料館、龍憲セラーなど)、
        勝沼醸造自社畑、レストラン「風」(昼食)、勝沼醸造

持ち物・服装: 天気にもよりますが、産地の散策を楽しむ旅です。
歩きやすい服装で、暑さ対策をお忘れなく。またぶどう畑にも入ります。
         (お勧め:スニーカー、汚れてもよいもの、長ズボン、帽子、タオル)
そ の 他: ワインをお楽しみいただきますが、飲み放題のツアーではございません。
        現地発着のツアーです。集合場所までの交通手段と帰りの交通手段は含まれません。
        飲酒運転はおやめください。集合場所までは電車のご利用をお勧めします。
        
企画・実施: ソフトツーリズム株式会社
共同企画: 醸造家 平山繁之(勝沼醸造)
===========================================================================

お申込みご希望の方は、以下のフォームをコピー/ペーストして必要事項をご記入の上、
メールにて tourism@softtourism.com までお申込みください。


---------------------------------------------------------------------------
・「ワインツーリズムを体感する旅」 第5弾 “勝沼の農村文化”

上記の旅に参加を申し込みます。

お名前(お申込者) :
フリガナ        :
郵便番号       :
住所(書類送付先) :
電話番号(ご連絡先):
FAX番号       :
メールアドレス    :
申し込み人数    :
参加者の氏名
(ご本人も含め参加者全員):
---------------------------------------------------------------------------

参加人数には限りがあります。
お早目のご予約をお勧めしております。

以上、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

*******************************************
・まだまだ募集中です。
 夏休み特別企画/親子で楽しむワインツーリズム

・過去の旅のパンフレットは以下の通りです。ご参考まで。
 第1弾 “共有”                【終了】
 第3弾 “こだわりの地” 鳥居平・菱山 【満席】
 第4弾 “こだわりの地” 南野呂・岩手 【満席】
*******************************************

笹本 貴之/ソフトツーリズム
ワインツーリズムLLP 事務局

【2009/07/23 01:44】 | ワインツーリズムの旅 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。