スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブログを引っ越しました。
ワインツーリズム山梨のホームページリニューアルに伴い、
ブログも引っ越しをいたしました。

http://www.yamanashiwine.com/budo/


これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2009/10/01 13:50】 | お知らせ | page top↑
新聞掲載のお知らせ(09年4月6日)―かつぬま朝市
笹本です。
今月の「かつぬま朝市」は60回の記念すべき回でした。
ここで様々な物語が生まれました。

朝日新聞で朝市会の高安会長のコメントが取り上げていただきましたが、
まさに「ここに店を出す人たちはそれぞれ夢に向かっている。朝市はその想いが凝縮されている」のです。

様々な縁(えにし)を生んできた朝市会。
その例として「フットパス」「縁側カフェ」そして「ワインツーリズム」があります。

また、たくさんの出店者が「かつぬま朝市」で自己を試し、経験を積み、実際に起業してゆきました。

090406asahi_convert_20090410010127.jpg

小さくても、地味でも、確実に影響力のある「かつぬま朝市」。
会長の高安さんの生き方なのだと思います。

私もそうでありたいと願っています。

ソフトツーリズム株式会社
「ワインツーリズム」事務局
笹本 貴之
【2009/04/11 09:00】 | お知らせ | page top↑
新聞掲載のお知らせ(09年3月26日)
笹本です。
3月26日の朝日新聞の「山梨」と日本経済新聞の「首都圏経済・山梨」で、
「ワインツーリズム山梨」の記事が掲載されました。

まずは朝日新聞です。
090326asahi_convert_20090410010721.jpg

「二次交通」は県外からいらっしゃる方には、非常に重要なことなのだと分かりました。
この交通網をイベントのときだけではなく、日常にすることで変化が起こせるのではないか。
そう考えています。

次に日本経済新聞です。
090326nikkei_convert_20090410010832.jpg


私たちはとにかく「ブドウとワインの産地である山梨」を全国に、世界にアピールしてゆきたい。
そのために飲み手の立場から何ができるのか。
その「アピール」をそのまま継続可能な商売にするために、旅行業登録を取得しました。
その一環として先日のツアーがありました。

またこのノウハウに価値があるのであれば、それ自体をいわゆる「コンサルティング」としてではなく、
体験型の「研修旅行」、つまり商品として買ってもらおう。
こんなことを考えています。

ソフトツーリズム株式会社
「ワインツーリズム山梨」事務局
笹本 貴之




【2009/04/10 01:11】 | お知らせ | page top↑
今週の水曜日(18日)
笹本です。

年度末ですね。年末もバタバタしますが、年度末もバタバタする。
年度末と言うとテレビやラジオの番組が変わりますね。
私が担当させていただいているラジオ番組も、基本的には今月末で終了です。

先日、毎月第三水曜日の9:15頃からAM765で放送している
『【765morning】未佳子のワイン物語』の最後の収録のため、
機山洋酒工業の土屋さんのところにお邪魔してきました。
SANY0256_convert_20090317002117.jpg
畑のこと、セラーのこと、醸造場のこと、そしてワインのこと。
日々の営み、日々の生活の中の、大切なことを話しました。

SANY0258_convert_20090317002329.jpg
剪定を終えた畑では、もう水上げが始まっていました。

この様子は今週の水曜日(3月18日)の9:15頃からAM765で放送している
『【765morning】未佳子のワイン物語』をお聴きください。
私も生出演の予定です。

尚、過去の放送分も専用の『765ポッドキャスティング』でお楽しみいただけます。
(尚、「ポッドキャスティング」と言っても、ダウンロードをクリックするとWindows Media Playerでそのまま再生できます。)

全部で10ヶ所のワイナリーを訪ねましたが、ぞくぞくとアップされています。
現在のところ、以下の回が試聴可能です。
「シャトレーゼ勝沼ワイナリー」さん(戸澤さん出演)
「ルミエール」さん(小山田さん出演)
「シャトー酒折」さん(井島さん、池川さん出演)
「サントリー 登美の丘ワイナリー」さん(渡辺さん出演)
「フジッコワイナリー」さん(雨宮幸一さん出演)
「麻屋葡萄酒」さん(雨宮一樹さん出演)

こんな人も、
SANY0084.jpg
(旭洋酒の鈴木さん。「風の畑」にて。)

こんな人も、
SANY0198_convert_20090317003108.jpg

SANY0202_convert_20090317002709.jpg
(金井醸造場の金井さん。やはり土の話しで盛り上がりました。)
続々と出てきます。

(あと一社ありますが、お楽しみに!)

どうぞ「音」だけで表現するワインツーリズムをお楽しみください。

「ワインツーリズム山梨」事務局
ソフトツーリズム株式会社
笹本貴之
【2009/03/17 01:01】 | お知らせ | page top↑
新聞掲載のお知らせ【日本経済新聞 社会面】
笹本です。

2月28日にぶどうの丘で開催した「第2回甲州種ワインを愉しむ会 Vol2」にご参加いただいた方々、
ありがとうございました。

私がパネラーを務めたパネルディスカッションのテーマは「10年後の甲州種ブドウの姿とは」でした。
ワイナリー、ぶどう農家、農協、ジャーナリスト、そして飲み手(私)によるディスカッションでした。
様々な立場から、様々な問題点が出されました。
農家の高齢化のこと、ぶどうの買取価格のこと、生食用ぶどうと醸造用ぶどうの違い・・・・・。
まあ、いろいろありますよ。ぶどうづくりもワインづくりも昨日今日始まったわけではありません。
私から言えることは一つでした。

「ぶどうもワインも甲州市だけのものではありません。山梨県の魅力であり、誇りです。私たちはこれからもその魅力を伝え、全国、世界からどんどんお客さんを連れてきます。」

山梨のぶどうとワインが大切だと思うのなら、
そのために、私には何ができるか。
あなたには何ができるか。
ただそれだけなのだと思うのです。

今朝(3月9日)の日本経済新聞の社会面「街かど人物館」で、
「ワインツーリズム山梨」のことが紹介されました。
090309nikkei_convert_20090309221019.jpg

このように記事として紹介されると、どうしても一人に焦点が当たりますが、
「ワインツーリズム」は山梨でぶどうとワインを愛する様々な人々の活動の総和です。
そして雑誌『br』を購読いただいたり、
イベント(ワインフェスワインツーリズム2008)やツアーにご参加いただいたり、
私たちの活動をご理解いただいている皆様あってのものです。

これからも一緒に楽しんでゆきましょう!


あなたの日常に山梨のワインを。

「ワインツーリズム山梨」事務局
ソフトツーリズム株式会社
笹本貴之











【2009/03/09 23:09】 | お知らせ | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。